がん相談 がん生活習慣指導・予防外来 / がんセカンドオピニオン外来 / 漢方外来

  • 藤志会概要
  • 診療所案内
  • 料金について
  • 書籍案内
  • リンク
  • お問合せ
医療法人社団 藤志会
がん相談 蕩蕩
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台二丁目1番地45 ニュー駿河台ビル4階
地図はこちら>>

漢方外来

2011年6月1日より当院は医療機能の分化・連携推進の一環として、慶應義塾大学病院「医療連携協力医療機関」の認定をうけています。
西洋医学に加え漢方を専門に研修した医師により、脈診・舌診・腹診など東洋医学の伝統的な診断方法に基づいて、個々の患者さんに最も適した伝統的な漢方薬による治療を行っております。服用の簡便なエキス剤が主ですが、伝統的な煎じ薬をお出しすることもあります。

診療・治療について

診療は、伝統的な漢方医学の手法に則って行われます。まずは舌を見せていただきます。
舌からは血液の流れや余計な水分の貯留などが分かります。次に脈を拝見します。脈はその時の体の状態をよく表します。そして漢方の一番大切な診察はおなかです。
この診察方法は日本独特のものです。これらの診察から漢方薬を決めます。
治療はさまざまな疾患に対して、漢方医学(わが国の伝統医学)の理論に基づいた治療を行います。病気になっている部分だけを診るということなく、体質や個人差を重要視して、身体全体を総合的に診て診断が行われます。
どんな悩みでもお気軽にご相談下さい。